事例集一覧HOMEへ戻る
住宅改造事例

身 体 状 況

  • 脊髄損傷者(車椅子使用)

改造の目的

車いす使用者で、既存の住宅を車いすで生活できる様に増築・改造を実施する。日常は乗用車を使用し、駐車場から居室への動線を確保する。便所は車いすで利用できる広さと、形状を整える。浴室は本人が使いやすいように改造する。

住宅の改造箇所

便  所

  • トイレ全体を広げ、入口は引き戸とする。
  • 車いすから便器への移乗がし易いようにする。
  • ウォシュレット付き便器(TOTOリモコン洗浄器付き)を設置。
改造前後写真

駐車場

  • 乗用車2台分を確保し、尚かつ車いすが入るスペースを確保する。
  • 駐車場の床面には水勾配程度をとり、道路との接点を最大限滑らかにする。
  • 駐車場から玄関までの動線を確保するため、スロープ等を設置する。
  • 雨天設備は将来設置する。
改造前後写真

浴  室

  • 車いすから洗い場へ移乗しやすい形状を確保する。
  • 洗い場の高さと浴槽の高さを揃え、手すりなどを本人仕様にする。
改造前後写真

玄  関

  • 車いすで出入りができるように上がりかまちをスロープにする。
改造後写真

その他

  • 増築した関係上、他の部屋との行き来を確保する。
  • 車いすでも使いやすいように取っ手を付ける。
改造後写真

改造場所の平面図 展開図及び検証図