事例集一覧HOMEへ戻る
住宅改造事例

身 体 状 況

  • 水頭症

改造の目的

  • 車いす使用者で、自力歩行が困難である。介護者の負担軽減のため、改造する。
  • 便所や浴室へ車椅子で出入りし易いよう、段差を無くし、開口幅を広くする。また、浴槽へ入りやすくするための腰掛台を設置する。

住宅の改造箇所

便  所

  • トイレ入り口のドア開口幅を広げる。
  • 入り口段差を無くす。

浴  室

  • 入り口(脱衣室)の引戸を開口幅を広く取るため、2枚引戸とする。
  • 入口段差を無くし、廊下からフラットにする。
  • 浴槽に入りやすくするための腰掛台(車椅子から乗り移りしやすい形状)を設置する。
  • 水栓をサーモスタット式にし、スライドバーのシャワーとする。
  • 使用しやすい大きさの浴槽を設置し、手すりを取り付ける。

改造場所の平面図 検証図面及び写真