事例集一覧HOMEへ戻る
住宅改造事例

身 体 状 況

  • 脊髄小脳変性症

改造の目的

家の中はつかまり立ちで移動するが、外出時は電動車椅子である。
  • 電動車椅子で外出しやすいように改造する。
  • 便所や浴室、階段を安全に移動できるように手すりを設ける。

住宅の改造箇所

玄  関

  • ポーチ部の階段を無くし、電動車椅子が移動しやすいよう、スロープを設置する。
  • 玄関前にステンレスの手すりを設置し、玄関内上がり框部まで木製の手すりを設置する。
  • 上がり框部に腰掛け台を設け、座って靴を履きやすくする。

浴  室

  • 出入り部、浴槽部にステンレス手すりを取り付け、シャワー部は握る位置を変更できる手すりを設置する。

便  所

  • 立ち座りに必要なL型手すりを両方に設ける。

階  段

  • 既存の手すりを生かし、2階部の踊り場に木製手すりを設け、連続性を持たせる。

改造場所の平面図 検証図面及び写真